御陵駅[京都地下鉄・京阪](京都市山科区)~東西線と京津線との接続駅で、当駅でしか聞けない発車メロディと遊歩道となった廃線跡も楽しめる難読駅~

あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧

CIMG3295.jpg

京都洛東の交通の要所・山科から一駅西にあり、京都地下鉄東西線と京阪京津線との接続駅である、島式1面2線が地下2階と3階に2層となった4線構造の駅。

大化の改新で有名な天智天皇のお墓である山科陵(やましなのみささぎ)のお膝元にあることから「みささぎ」と名乗るが、恐らくほとんどの人は読めないであろう超難読駅でもある。

地下鉄東西線で唯一4番線まで有する最大規模の駅でもあり、当駅でしか聞くことの出来ない特徴的な発車メロディが楽しめ、東西に非常に長いコンコースと、旧御陵駅付近の遊歩道として整備された廃駅と廃線跡等、落ち着いた周辺環境ながら、見どころの多い駅となっている。

スポンサーリンク

外観・駅周辺

CIMG3306

京津線の旧起点・京津三条駅のあった現地下鉄三条京阪駅から、三条通りを西に3.5km進んだところにある日ノ岡交差点。

京津線の京津三条ー当駅間が廃止されるまでの間、日ノ岡電停があった場所。1997年まではこの三条通りの上を路面電車が走っていた。

三条駅[京阪](京都市東山区)~開放的かつ広大な駅空間が、かつて一大ターミナル駅だった面影を今に伝える、京都地下線内で最大の規模を誇る駅~
京都市内を流れる鴨川にかかる三条大橋の東詰めにある京阪本線・鴨東線の2面4線の地下駅。1915年の開業から70年余りは長らく京阪の京都側の終...
三条京阪駅[京都地下鉄](京都市東山区)~地下鉄東西線開業に伴い、京阪線から琵琶湖方面への新たな乗換駅となった、他社線名を冠する珍しい駅~
1997年の地下鉄東西線開通と同時に開業した、京都地下鉄東西線の1面2線の地下駅。開業に際して京阪と協議の結果、競合する京津線の並行区間とな...

CIMG3307

その日ノ岡交差点から三条通りを東に沿って御陵駅の入り口が点在する。

CIMG3311

西方向は、京都の東山の山々が。1912年(大正元年)から1997年(平成9年)までの実に85年間が路面電車時代だった。

CIMG3312

ここが旧御陵駅のあった御陵交差点。現御陵駅は、日ノ岡電停と御陵駅の中間地点に、旧両駅を統合した形で開設された。

京津線・旧御陵駅~京阪山科駅廃線跡地

CIMG3314

その御陵交差点の南西角に、何やら駅舎風の屋根を発見。

CIMG3317

実は、ここが旧御陵駅のあった場所。奥の小道を挟んで千鳥式にホームが設置されていた。

CIMG3313

かつての地上駅時代の京津線の面影を伝えるために設置された駅舎風日陰棚。

路面電車時代の旧御陵駅は準急停車駅で、京都方面は、当駅を出ると、終点の京津三条まで路面上をノンストップで駆け抜けていた。

三条駅[京阪](京都市東山区)~開放的かつ広大な駅空間が、かつて一大ターミナル駅だった面影を今に伝える、京都地下線内で最大の規模を誇る駅~
京都市内を流れる鴨川にかかる三条大橋の東詰めにある京阪本線・鴨東線の2面4線の地下駅。1915年の開業から70年余りは長らく京阪の京都側の終...

CIMG3318

そして、その奥に繋がる、旧京津線の線路が走っていたところは、現在は「みどりの径(みち)」と呼ばれる遊歩道として整備されている。

CIMG3321

そして、再び三条通りと合流。

CIMG3324

旧京津線は、このまま三条通りを横切って京阪山科方面に向かっていた。

この写真の地点の右奥・北西方面には、駅名の由来となった天智天皇山科陵(やましなのみささぎ)がある。

CIMG3325

上の写真の地点から右手・東方向に進むと、現京津線が地上に上がる地点に出る。左上の高架はJR琵琶湖線(東海道本線)。

京津線は、この地点ではJRの北側にあるが、この後この高架をくぐって、山科駅に来る頃にはJRの南側の立ち位置を変える。

改札口・コンコース

CIMG3305

旧日ノ岡電停と旧御陵駅の間に位置する現御陵駅は、利用者に配慮して旧両駅側に地上出入口があるため、こんなに長い地下コンコースとなっているのが特徴。

CIMG3303

しかし、改札口は中央に一か所だけなので、地下に入った後が結構長い。

CIMG3301

改札内コンコース。地下鉄東西線は駅ごとにステーションカラーが設定されており、御陵駅は桔梗色のカラーリングが柱に施されている。

時刻表

京阪京津線:京阪山科・四宮・浜大津方面

CIMG3287

当駅は地下鉄管理駅ということもあり、山科には京阪山科駅ではなく地下鉄山科駅へ誘導する作戦か、京津線の時刻表は、なぜか「四宮」・浜大津方面となっている。

日中は毎時4本。路面電車時代から比べると、四宮以遠の本数は維持されているが、2両から4両編成に増設されているので、輸送量は倍増している。

浜大津駅[京阪](滋賀県大津市)~日本で唯一路面を走る地下鉄が見られ、初代国鉄大津駅として開業した異色の歴史を有する京阪大津線のターミナル駅~
滋賀県大津市の中心市街地にあり、琵琶湖に面した大津港を擁する交通の要所に位置する、京津線・石山坂本線の島式1面2線の地上駅で、第3回近畿の駅...
京阪山科駅[京阪](京都市山科区)~隣接するJR山科駅よりも長い歴史を有し、「2つの山科駅問題」により活性化が阻まれている京津線の中核駅~
京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅に隣接する、京津線の相対式2面2線の地上駅。実は国鉄(現JR)山科駅よりも古い歴史を有する駅であり、...
山科駅[京都地下鉄](京都市山科区)~乗入元の京阪京津線との「2つの山科駅問題」を抱えるも、地下鉄東西線内最多の利用客数を誇る重要駅~
京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅・京阪山科駅の南側に位置する、東西線の島式2面2線の地下駅。1997年(平成9年)の地下鉄東西線開通...

京都地下鉄東西線

山科・醍醐・六地蔵方面

CIMG3288

というわけで、地下鉄東西線の時刻表はしっかり山科方面との記載が。山科への乗車機会は地下鉄の方が倍あるが、運賃は京阪の方が50円安い。

地下鉄東西線計画当初は、京津線は三条ー京阪山科間を廃止して、京阪山科から地下鉄東西線に乗り入れる予定だったが、山科より南下する東西線と東に向かう京津線との線形が合わなかった関係で、接続駅が当駅となった経緯がある。

そのため、当駅ー山科間が京阪と地下鉄で併存する形となり、運賃計算上の考慮もないという非効率な状態が残ってしまった。

三条京阪・烏丸御池・太秦天神川方面

CIMG3273

当駅の時刻表で興味深いのは、当駅より西行きも地下鉄東西線から来る電車と、京津線から乗り入れる電車で時刻表が分かれているということ。

太秦天神川駅[京都地下鉄](京都市右京区)~右京区の新拠点として開発され、ビビッドなレモン色の構内が印象的な東西線の終着駅かつ嵐電との接続駅~
京都地下鉄西端に位置し、同線開通から11年後の2008年(平成20年)に開業した東西線の1面2線の地下・終着駅である難読駅。当駅開業に合わせ...

CIMG3274

地下鉄東西線・六地蔵方面からの電車が毎時8本、京阪京津線からの乗り入れ車が毎時4本で、計毎時12本体制。

京津線からの乗り入れのうち、半分が三条京阪の一つ先の京都市役所前止まりなので、烏丸線との乗換駅である烏丸御池から先は毎時10本となる。

三条京阪駅[京都地下鉄](京都市東山区)~地下鉄東西線開業に伴い、京阪線から琵琶湖方面への新たな乗換駅となった、他社線名を冠する珍しい駅~
1997年の地下鉄東西線開通と同時に開業した、京都地下鉄東西線の1面2線の地下駅。開業に際して京阪と協議の結果、競合する京津線の並行区間とな...
烏丸御池駅[京都地下鉄](京都市中京区)~烏丸線唯一の相対式ホームと東西線のアーチ型天井ホームが特徴的な近畿の駅百選認定の難読駅~
京都市の中央部の烏丸通と御池通が交差する烏丸御池交差点にある、京都地下鉄烏丸線と東西線の乗換駅で、第二回近畿の駅百選認定駅。1981年の烏丸...
六地蔵駅[京都地下鉄](京都府宇治市)~京都市営地下鉄唯一の京都市外にある駅で、宇治・京都両市の木が億ション擁する駅前に花を添える終着駅~
京都市と宇治市の市境を形成する山科川東岸にあるJR六地蔵駅に隣接する島式1面2線の地下駅で、地下鉄東西線の終着駅。京都市営地下鉄唯一の京都市...

 

乗り場

CIMG3286

当駅は京都地下鉄では唯一の2面4線構造の駅だが、地上を走る片道1車線の三条通りの道幅制限のため、同一階に2面のホームを設置することが出来ず、1面2線ホームを地下2階と地下3階に分割させる二層構造となっている。

【1・2番のりば:地下2階】東西線:三条京阪・太秦天神川方面

CIMG3297

その道幅制限のため、各ホームの幅も狭くなっている。改札に近い地下2階は、より利用の多い西行き・京都市内方面行きのホームとなっている。

京都地下鉄管理の駅なので、ホームは完全防備型ホームドアが設置された東西線仕様で、京阪色は一切ない。

20150810_111916

ホームは完全防備されているので、線路は車内からしか見られない。

20150810_111942

車輌を拝むことも窓越し。ここまで防備されると少し悲しい気持ちになる。写真は京阪京津線から乗り入れてきた京阪800系の太秦天神川行き。30分に1本の運行だ。

太秦天神川駅[京都地下鉄](京都市右京区)~右京区の新拠点として開発され、ビビッドなレモン色の構内が印象的な東西線の終着駅かつ嵐電との接続駅~
京都地下鉄西端に位置し、同線開通から11年後の2008年(平成20年)に開業した東西線の1面2線の地下・終着駅である難読駅。当駅開業に合わせ...

CIMG3271

その横顔をホームドア越しに眺める。京阪の車両は京津線の地上駅で直接見ることができるのでまだいい。

CIMG3275

この駅だけではないが、地下鉄東西線の駅は、こんな感じでホーム幅が狭いところが多いのが特徴。

CIMG3272

ホームの両端はやや開放的な感じになる。右側の1番線に地下鉄東西線の六地蔵方面からの電車が到着し、左側の2番線に京阪京津線からの乗り入れ電車が到着する。

CIMG3285

御陵駅は、京阪京津線との接続のために、4線を筒状で分離させた4線シールド工法という技法で建設された。写真は、ホーム端から地下鉄山科方面を望む。

山科駅[京都地下鉄](京都市山科区)~乗入元の京阪京津線との「2つの山科駅問題」を抱えるも、地下鉄東西線内最多の利用客数を誇る重要駅~
京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅・京阪山科駅の南側に位置する、東西線の島式2面2線の地下駅。1997年(平成9年)の地下鉄東西線開通...

【3・4番のりば:地下3階】東西線:六地蔵方面・京津線:浜大津方面

CIMG3295

東行き方面ホームへは、地下2階ホームからの連絡階段を下って、、

CIMG3298

地下3階に向かう。

CIMG3299

右側3番線が地下鉄東西線、左側4番線が京阪京津線のホーム。

CIMG3293

列車案内掲示板はまだフルカラー化されていない。

CIMG3294

ここから、地下1階の改札階まで延々と階段が続いている。

CIMG3283

3番線の地下鉄東西線方面行きホームは赤色の番線表記。

CIMG3282

4番線の京阪京津線は青色の番線表記。御陵駅でしか見られないデザインだ。

CIMG3289

平日昼間のせいもあってか人影がほとんどない。当駅の1日の利用客数は約15000人。

そんなに少なくない利用客数だが、このあまりの人影のなさは、地下鉄⇔京阪の構内乗換利用が大半を占めるということなのだろうか。

CIMG3290

3番線を発車する京都市交50系の六地蔵行き。ここから地上に出る京阪京津線と違って、地下鉄東西線は始発から終点まで完全防備されるため、50系を直接拝見することは残念ながらできない。

六地蔵駅[京都地下鉄](京都府宇治市)~京都市営地下鉄唯一の京都市外にある駅で、宇治・京都両市の木が億ション擁する駅前に花を添える終着駅~
京都市と宇治市の市境を形成する山科川東岸にあるJR六地蔵駅に隣接する島式1面2線の地下駅で、地下鉄東西線の終着駅。京都市営地下鉄唯一の京都市...

えきログちゃんねる

[京阪・京都地下鉄御陵駅発車メロディ:この駅でしか聞けないver]京津線から乗り入れの太秦天神川行き@2番のりば201510

[この駅でしか聞けない発車メロディ:京阪京津線御陵駅]浜大津行き@4番のりば(独特の警笛音付)201510

[京阪・京都地下鉄御陵駅接近メロディ:京津線ver]浜大津行き@4番のりば201510

[京阪・京都地下鉄御陵駅接近メロディ]地下鉄東西線からの太秦天神川行き@1番のりば201510

あなたの街のランドマーク!ご当地別駅一覧
あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧
アクセスランキング
音声・動画はYouTube「えきログちゃんねる」でチェック!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする