京阪山科駅[京阪](京都市山科区)~隣接するJR山科駅よりも長い歴史を有し、「2つの山科駅問題」により活性化が阻まれている京津線の中核駅~

20151022_130420.jpg

京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅に隣接する、京津線の相対式2面2線の地上駅。

実は国鉄(現JR)山科駅よりも古い歴史を有する駅であり、開業当初は「毘沙門道駅」と名乗ったが、国鉄山科駅開業を機に「山科駅前駅」に改称したというトリビアを持つ。

地下鉄東西線計画当初は、当駅が京阪と地下鉄の分岐駅となる予定だったが、線形の関係で一つ西の御陵駅が接続駅となった関係で、御陵ー山科間が重複してしまい、京阪・地下鉄の山科駅が併存するという「2つの山科駅問題」が発生。

現在も京津線の中核駅ではあるものの、当問題により、JRとの乗換えが地下鉄山科駅に比べて便利なはずの当駅の活性化が阻まれてしまっている。

スポンサーリンク

日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

外観・駅周辺

20151022_130202

京都・洛東地域の交通の要所である山科駅。右から高架のJR山科駅、地下鉄東西線山科駅の地下駅、そして左側の地上駅が京阪山科駅。3線が集結する一大ターミナルだ。

山科駅[JR西日本](京都市山科区)~JR2線(琵琶湖線・湖西線)に加え、京阪・京都地下鉄も集結する洛東地域の交通の要所たる新快速停車駅~
京都市の東側・洛東地域における商業中心地に位置する2面4線の高架駅で、琵琶湖線(東海道本線)と湖西線の接続点でもある新快速停車駅。大正時代に...

CIMG3332

JR山科駅の入り口。1921年(大正10年)に、東海道本線のルート変更(新逢坂山トンネル・東山トンネル開通による大津ー京都間短絡線の完成)により開業した。

CIMG3328

その真向かいにあるのが、京阪山科駅。

実はこの駅が開業したのは、JR(旧国鉄)山科駅より8年早い1912年(大正元年)。開業当時は毘沙門道駅と名乗ったが、国鉄山科駅開業を機に、山科駅前駅に改称したというトリビアがある。

CIMG3333

そして、JR山科駅と京阪山科駅の間にある、地下鉄東西線山科駅への連絡階段。駅はここより南側にあり、JR・京阪との乗り換えはやや時間を要する。

山科駅[京都地下鉄](京都市山科区)~乗入元の京阪京津線との「2つの山科駅問題」を抱えるも、地下鉄東西線内最多の利用客数を誇る重要駅~
京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅・京阪山科駅の南側に位置する、東西線の島式2面2線の地下駅。1997年(平成9年)の地下鉄東西線開通...

CIMG3346

京阪山科駅東側踏切から北方向を望む。京阪山科駅へと改称されたのは、戦後の1953年(昭和28年)のこと。

CIMG3335

1955年(昭和30年)まではJR(旧国鉄)側に改札口は無く、今は対面での乗り換えが可能だが、それまでは踏切を介する必要があったようだ。

CIMG3345

ここから始まって駅南方向には、京都外環状線(外観)が走っており、地下鉄東西線はこの下を通っている。

この外環の下を通るために、地下鉄山科駅はJR・京阪と直角に交わる駅となっており、そのことが「2つの山科駅問題」を生む要因となった。

山科駅[京都地下鉄](京都市山科区)~乗入元の京阪京津線との「2つの山科駅問題」を抱えるも、地下鉄東西線内最多の利用客数を誇る重要駅~
京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅・京阪山科駅の南側に位置する、東西線の島式2面2線の地下駅。1997年(平成9年)の地下鉄東西線開通...

CIMG3347

駅南側にある、大丸百貨店も入居する商業施設「ラクト山科」。山科は京都・洛東地域の商業に集積地だ。

バスターミナル

CIMG3351

京阪山科駅南側には、京阪バスの山科駅前バスターミナルが拡がっている。

CIMG3344

京都市内の路線バスは、京都市バスがほぼ独占状態となっているが、洛東地域は京阪バスの牙城となっている。

CIMG3341

かつては市内中心部同様、市バス中心だったが、地下鉄東西線開業等を境に、山科・醍醐地域の路線をすべて京阪バスに移管された。

CIMG3339

全部で5つ(うち1つは東京方面行き高速バス)から、山科区内及び醍醐方面行きのバスが多数発車している。

以前は京阪とJRの駅に挟まれた狭い場所にあったが、再開発を機にこの場所に移転された。

改札口・コンコース

CIMG3338

そのバスターミナルの直結している南改札口。

20150810_111352

その南改札を改札内より。

CIMG3331

こちらは、JR山科駅に直結する北改札。改札口がホームと直結された乗り換えに便利な構造だ。

山科駅[JR西日本](京都市山科区)~JR2線(琵琶湖線・湖西線)に加え、京阪・京都地下鉄も集結する洛東地域の交通の要所たる新快速停車駅~
京都市の東側・洛東地域における商業中心地に位置する2面4線の高架駅で、琵琶湖線(東海道本線)と湖西線の接続点でもある新快速停車駅。大正時代に...

時刻表

京津線:浜大津方面

CIMG3329

1997年(平成9年)の地下鉄東西線開業前は、2両編成の運行で、浜大津行きと次の四宮止まりが毎時4本ずつの体制だったが、全列車4両編成の浜大津行きが毎時4本体制に改訂された。

従って、四宮以遠は輸送量が倍増していることになる。

浜大津駅[京阪](滋賀県大津市)~日本で唯一路面を走る地下鉄が見られ、初代国鉄大津駅として開業した異色の歴史を有する京阪大津線のターミナル駅~
滋賀県大津市の中心市街地にあり、琵琶湖に面した大津港を擁する交通の要所に位置する、京津線・石山坂本線の島式1面2線の地上駅で、第3回近畿の駅...

京津線:太秦天神川(地下鉄東西線)方面

CIMG3330

反対方向は次の御陵駅から地下鉄東西線に入る。こちらも日中毎時4本体制で半分が東西線の終点・太秦天神川まで向かい、残りがかつて京津三条駅のあった三条京阪駅から一つ先の京都市役所前止まりとなる。

計画当初は、当駅から地下鉄と京阪が分岐する予定だったが、外環地下を南北に走る地下鉄東西線と線形が合わなかったことにより、やむなく駅を分離させざるを得なかったという経緯がある。

そのため、当駅から地下鉄東西線の京都市内方面に向かう際は、御陵駅までの京阪線の運賃と以遠の地下鉄の運賃の加算運賃を支払う必要が生じるという「2つの山科駅問題」が発生しており、いまだ解消されずに今日まで至っている。

御陵駅[京都地下鉄・京阪](京都市山科区)~東西線と京津線との接続駅で、当駅でしか聞けない発車メロディと遊歩道となった廃線跡も楽しめる難読駅~
京都洛東の交通の要所・山科から一駅西にあり、京都地下鉄東西線と京阪京津線との接続駅である、島式1面2線が地下2階と3階に2層となった4線構造...
三条京阪駅[京都地下鉄](京都市東山区)~地下鉄東西線開業に伴い、京阪線から琵琶湖方面への新たな乗換駅となった、他社線名を冠する珍しい駅~
1997年の地下鉄東西線開通と同時に開業した、京都地下鉄東西線の1面2線の地下駅。開業に際して京阪と協議の結果、競合する京津線の並行区間とな...
三条駅[京阪](京都市東山区)~開放的かつ広大な駅空間が、かつて一大ターミナル駅だった面影を今に伝える、京都地下線内で最大の規模を誇る駅~
京都市内を流れる鴨川にかかる三条大橋の東詰めにある京阪本線・鴨東線の2面4線の地下駅。1915年の開業から70年余りは長らく京阪の京都側の終...
太秦天神川駅[京都地下鉄](京都市右京区)~右京区の新拠点として開発され、ビビッドなレモン色の構内が印象的な東西線の終着駅かつ嵐電との接続駅~
京都地下鉄西端に位置し、同線開通から11年後の2008年(平成20年)に開業した東西線の1面2線の地下・終着駅である難読駅。当駅開業に合わせ...

乗り場

CIMG3334

ホームは相対式2面2線。1934年(昭和9年)に緩急接続可能な2面4線構造となったが、その後1973年(昭和48年)に2面2線に戻された。

20150810_111338

ホーム端から東側の浜大津方面を望む。左奥がJR山科駅に直結する東改札。

京阪山科駅の1日の利用客数は4000人程度で地下鉄山科駅の10分の1。「2つの山科駅問題」がなければ、JRとの乗り換えに便利な当駅は、もっと活性化していたのだろう。

山科駅[JR西日本](京都市山科区)~JR2線(琵琶湖線・湖西線)に加え、京阪・京都地下鉄も集結する洛東地域の交通の要所たる新快速停車駅~
京都市の東側・洛東地域における商業中心地に位置する2面4線の高架駅で、琵琶湖線(東海道本線)と湖西線の接続点でもある新快速停車駅。大正時代に...

20150810_111426

プラットホームは、1996年(平成8年)に地下鉄東西線開業を前に、これまでの2両から4両編成に対応すべく有効長が延長された。

20150810_111526

浜大津行きホームに到着した地下鉄東西線からやってきた京阪800系。この車両一つで、地下鉄から路面電車までこなしてしまう。

浜大津駅[京阪](滋賀県大津市)~日本で唯一路面を走る地下鉄が見られ、初代国鉄大津駅として開業した異色の歴史を有する京阪大津線のターミナル駅~
滋賀県大津市の中心市街地にあり、琵琶湖に面した大津港を擁する交通の要所に位置する、京津線・石山坂本線の島式1面2線の地上駅で、第3回近畿の駅...

20150810_111557

と同時に、反対方向の電車もやってきた。

20150810_111616

こちらは、次の御陵から地下鉄東西線の終点まで向かう太秦天神川行き。京津線を走る車両はすべてこの800系だ。

御陵駅[京都地下鉄・京阪](京都市山科区)~東西線と京津線との接続駅で、当駅でしか聞けない発車メロディと遊歩道となった廃線跡も楽しめる難読駅~
京都洛東の交通の要所・山科から一駅西にあり、京都地下鉄東西線と京阪京津線との接続駅である、島式1面2線が地下2階と3階に2層となった4線構造...
太秦天神川駅[京都地下鉄](京都市右京区)~右京区の新拠点として開発され、ビビッドなレモン色の構内が印象的な東西線の終着駅かつ嵐電との接続駅~
京都地下鉄西端に位置し、同線開通から11年後の2008年(平成20年)に開業した東西線の1面2線の地下・終着駅である難読駅。当駅開業に合わせ...

20151022_130420

今度はその姿を上から眺める。地下鉄東西線開業を機に、京津線はレトロな雰囲気が一変された。

20150810_111652

京阪山科駅出発直後のホームを車内より。山科ー御陵間は、京阪京津線と京都地下鉄東西線の重複区間となってしまった。

御陵駅[京都地下鉄・京阪](京都市山科区)~東西線と京津線との接続駅で、当駅でしか聞けない発車メロディと遊歩道となった廃線跡も楽しめる難読駅~
京都洛東の交通の要所・山科から一駅西にあり、京都地下鉄東西線と京阪京津線との接続駅である、島式1面2線が地下2階と3階に2層となった4線構造...

CIMG3327

ホーム西側の雰囲気は、活気のある東側と異なる様相を呈している。6両分のホームを確保できる用地も十分にあり、「2つの山科駅問題」が残念でならない。

えきログちゃんねる

[京阪山科駅]京津線800系浜大津行き発車直後に東西線方面行きが入線201510

[京阪京津線車内放送]太秦天神川行き(浜大津⇒御陵)201510

乗換駅

山科駅[JR西日本](京都市山科区)~JR2線(琵琶湖線・湖西線)に加え、京阪・京都地下鉄も集結する洛東地域の交通の要所たる新快速停車駅~
京都市の東側・洛東地域における商業中心地に位置する2面4線の高架駅で、琵琶湖線(東海道本線)と湖西線の接続点でもある新快速停車駅。大正時代に...
山科駅[京都地下鉄](京都市山科区)~乗入元の京阪京津線との「2つの山科駅問題」を抱えるも、地下鉄東西線内最多の利用客数を誇る重要駅~
京都洛東地域の交通の拠点であるJR山科駅・京阪山科駅の南側に位置する、東西線の島式2面2線の地下駅。1997年(平成9年)の地下鉄東西線開通...

あなたの街のランドマーク!ご当地別駅一覧
あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧
アクセスランキング
音声・動画はYouTube「えきログちゃんねる」でチェック!!
日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

スポンサーリンク

この記事をシェアする