出町柳駅[叡電](京都市左京区)~京阪線開通により洛北観光の玄関口として復活を遂げた、終着駅らしい趣のある頭端ターミナル~

CIMG2110.jpg

観光地として有名な京都市北部(洛北)の八瀬・大原・鞍馬方面に向かう叡山電車の南端ターミナルである頭端式4面3線の地上駅。

当時関西に基盤のあった電力会社「京都電燈」の電力安定供給先として進出した鉄道事業に端を発し、1925年(大正14年)開業から約一世紀もの歴史を有する。

1987年の京都市電全廃による乗客激減の憂き目に合うが、1989年の京阪鴨東線開業による鉄軌道との再接続を果たして以降、利用客数は増加傾向にあり、洛北観光の玄関口として復活を遂げる。

スポンサーリンク

日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

外観

CIMG2124

叡電本社と90年の歴史を誇る叡電出町柳駅の地上駅舎が入居する京阪出町柳ビル。1989年の京阪出町柳駅開業から4年後の1993年に竣工された。

出町柳駅[京阪](京都市左京区)~叡山電車との乗換駅として三条駅を上回る需要を獲得した、平成新時代における京阪線・京都側のターミナル駅~
1989年(平成元年)、70有余年ぶりに三条駅から北方面への延伸を果たした京阪本線系統(正式名称は鴨東線)の新たな終着駅として開業した島式1...

CIMG2106

その叡電出町柳駅を正面より。

京阪鴨東線開業時に建設された新駅舎に隠れて、叡電出町柳駅開業当時の歴史ある仏堂形式の旧駅舎があるのがわかる。

CIMG2111

駅ビルに直結している京都バスの出町柳駅前停。あと、川端通沿いと今出川通り沿いにも京都市バスのバス停がある。

出町柳駅前停[京都市バス・京都バス](京都市左京区)~異なる名前の3つの停留所を京阪線開業を機に名称統合した市内北東部の交通要所の1つ~
京阪・叡電出町柳駅周辺に3か所(叡電口・川端通沿い・今出川通沿い)に点在しているバス停群。1989年の京阪出町柳駅開業を機に名称を統合。市内...

CIMG2118

この付近は鴨川が北東方向と北西方向に分岐する鴨川デルタと呼ばれる分岐点。出町柳駅は、北東方向に流れる高野川側にある。

CIMG2114

その高野川にかかる河合橋。

CIMG2115

その河合橋から高野川を北方向に望む。京の山々が美しく開放的な光景だ。

CIMG2123

今度は同じ場所から南方向を望む。鴨川との分岐点である鴨川デルタと今出川通りにかかる賀茂大橋が見える。

CIMG2119

河合橋を渡って右手には、ユネスコ文化遺産に指定されている「賀茂御祖神社」通称「下鴨神社」と、国の史跡に認定された原生林「糺の森(ただすのもり)」がある。

改札口・コンコース

CIMG2107

微妙に斜めがかった坂が印象的な出町柳駅改札前コンコース。

CIMG2109

京阪出町柳駅の叡電口。この階段を下りた地下に京阪電車のコンコースがつながっている。

出町柳駅[京阪](京都市左京区)~叡山電車との乗換駅として三条駅を上回る需要を獲得した、平成新時代における京阪線・京都側のターミナル駅~
1989年(平成元年)、70有余年ぶりに三条駅から北方面への延伸を果たした京阪本線系統(正式名称は鴨東線)の新たな終着駅として開業した島式1...

CIMG2108

上の写真の右手が、叡電の出町柳駅の入り口。叡山電車は京阪グループなので、案内板のデザインも京阪仕様だ。

時刻表

叡山本線・鞍馬線:八瀬比叡山口・鞍馬方面

CIMG2105

取材したのが8月だったので、夏季特別ダイヤとなっており、日中は1時間あたり、鞍馬行きと八瀬比叡山口行きが4本ずつとなっている。

普段は、鞍馬行き:3本、鞍馬線の途中の二軒茶屋行き:3本、八瀬比叡山口行き:3本の運行形態。

出町柳駅が所属する叡山本線は、出町柳ー八瀬比叡山口間の路線だが、宝ヶ池から分岐する鞍馬線の方が主体となっている。

乗り場

CIMG2091

駅票。出町柳駅の所属は叡山本線だが、現在は鞍馬線と一体運用しており、路線ごとにホームが分かれている。

これは3番線の鞍馬線ホームにある駅票なので、左上に「鞍馬線」の表記がある。

CIMG2110

ホームは4面3線の頭端式。終着駅にふさわしい趣きがある。

【1番線】叡山本線:八瀬比叡山口方面

CIMG2098

出町柳駅は公式には叡山本線の駅なのだが、本線は3線あるうちの1線のみから発車する。

CIMG2101

1番線に停車中の700系八瀬比叡山口行き。

CIMG2099

叡電は、1978年の京都市電全廃による他の鉄道路線との接続が絶たれ、乗客減による経営難が深刻化。

700系は経営難に対応するための合理化策として1987年に導入されたワンマン運転対応車だ。

CIMG2100

その横顔を拝見。叡山本線を1925年(大正14年)に開業させたのは、当時関西と北陸をテリトリーにしていた電力会社である「京都電燈」。

電力の安定供給先確保の目的に鉄道事業を行い、2年後の1927年(昭和2年)には、鞍馬線の前身となる鞍馬電気鉄道も開業させた。

【2・3番線】鞍馬線:貴船口・鞍馬方面

CIMG2095

2・3番線からは宝ヶ池から鞍馬線に直通する電車が発車する。観光地として有名な貴船・鞍馬に向かう路線で、現在はこちらの方が主流。

叡電を運営していた京都電燈は、戦時統制により解散を命じられ、鉄道事業は1942年に京福電鉄に譲渡された。京福は京阪の子会社だが、1978年の市電全廃による乗客激減により経営難に陥った叡電部分を1986年に分社化し今に至っている。

CIMG2097

2番線の車止め方向を撮影。終着駅の雰囲気満点のホーム。最長2両編成の叡電ゆえのコンパクトな感じもまた味がある。

CIMG2102

叡電出町柳駅の1日の利用客は約14000人。1989年の京阪出町柳駅開業による鉄軌道との接続復活が寄与し、乗車人数は1991年(平成3年)から約2割増となっている。

京阪側の駅も、叡電との接続効果もあってか、三条駅を上回る4万人超の利用客数を獲得。京阪グループとして三条ー出町柳駅の延伸は、必要かつ成功をおさめた事例だったと言えよう。

三条駅[京阪](京都市東山区)~開放的かつ広大な駅空間が、かつて一大ターミナル駅だった面影を今に伝える、京都地下線内で最大の規模を誇る駅~
京都市内を流れる鴨川にかかる三条大橋の東詰めにある京阪本線・鴨東線の2面4線の地下駅。1915年の開業から70年余りは長らく京阪の京都側の終...

CIMG2103

1番線先頭付近から2・3番線方向を望む。

1番線もかつては2両編成対応だったが、八瀬方面行きがほとんど1両編成となったことから、ホーム先頭部分を埋め立てたとのこと。

CIMG2104

3番線はホームの奥に向かうにつれて内側に曲がっている。

CIMG2094

3番線に停車中の810系鞍馬行き2両編成。「ギャラリートレイン・ともれび」。

登場当初はアメリカ人デザイナーによる「エコモーション・トレイン」塗装だったが、2003年に近畿車輌による、四季の森をバックに動物を描いた現塗装に変更されている。

CIMG2090

その横顔を拝見。四季の森をバックに沿線の動物や昆虫を配置したデザインだ。

CIMG2093

700系と800系の並び。

CIMG2092

3番線降車ホームから元田中方面を望む。住宅地を縫うように線路が走っていく。

えきログちゃんねる

[叡山電車車内放送]鞍馬線出町柳行き(鞍馬→出町柳)

乗換駅

出町柳駅[京阪](京都市左京区)~叡山電車との乗換駅として三条駅を上回る需要を獲得した、平成新時代における京阪線・京都側のターミナル駅~
1989年(平成元年)、70有余年ぶりに三条駅から北方面への延伸を果たした京阪本線系統(正式名称は鴨東線)の新たな終着駅として開業した島式1...
出町柳駅前停[京都市バス・京都バス](京都市左京区)~異なる名前の3つの停留所を京阪線開業を機に名称統合した市内北東部の交通要所の1つ~
京阪・叡電出町柳駅周辺に3か所(叡電口・川端通沿い・今出川通沿い)に点在しているバス停群。1989年の京阪出町柳駅開業を機に名称を統合。市内...

あなたの街のランドマーク!ご当地別駅一覧
あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧
アクセスランキング
音声・動画はYouTube「えきログちゃんねる」でチェック!!
日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

スポンサーリンク

この記事をシェアする