JR藤森駅[JR西日本](京都市伏見区)~単線と複線の境界に位置し、混同回避目的の「JR」を冠しながら墨染駅の方が近いトリビアを持つ奈良線最新の駅~

CIMG2579.jpg

何と弥生時代に鎮座され、平安遷都奉幣の儀式まで執り行われた由緒ある藤森神社の最寄駅である、奈良線の相対式2面2線の掘割駅。

100年の歴史を持つ奈良線において20年前に誕生した最も新しい駅で、京阪藤森駅との混同回避のため「JR」を冠するものの、実は藤森駅よりも墨染駅の方が近いという、京都らしいトリビアを有する。

単線区間と複線区間の境界に位置しており、輸送改善で大変貌を遂げた都市型路線とローカル線の名残との狭間を楽しむことが出来る魅力的な駅となっている。

スポンサーリンク

日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

外観・駅周辺

CIMG2576

外国人観光客人気No.1の観光スポット・伏見稲荷大社擁する稲荷駅から一駅南に位置するJR藤森(ふじのもり)駅。

稲荷駅[JR西日本](京都市伏見区)~伏見稲荷大社の最寄駅で、当初東海道本線の駅として開業した異色の経歴を持つ、第1回近畿の駅百選認定駅~
全国3万社ある稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社の表参道に直結する最寄駅である、奈良線の相対式2面2線の地上駅で、第1回近畿の駅百選認定駅。18...

CIMG2573

その高台にあるJR藤森駅から西方向は下り坂になっており、、、

CIMG2574

その下り坂を400mほど進むと、、、

CIMG2578

駅名の由来となった藤森神社にたどり着く。

CIMG2579

この藤森神社は、その起源が何と弥生時代にまで遡る非常に歴史ある神社で、京都に都が遷された794年(延暦13年)には、時の桓武天皇によって遷都奉幣の儀式(無事に都が遷せるようお祈りするための儀式)が執り行われたらしい。

CIMG2582

5月5日には藤森祭(別名・深草祭)が盛大に行われ、その祭りに奉納される「駈馬神事」が、馬の神事であることから「馬の神」として信仰されている。

従って、参道左側の大部分は人と馬の通り道となっており、競馬関係者や競馬ファンの参拝で賑わうらしい。

CIMG2584

当社は、203年(神功皇后摂政3年)に三韓征伐から凱旋した神功皇后が武器を納めたことがその起源となったことから、勝負運にご利益がある神社としても有名である。

CIMG2587

しかし、最初からこの「藤森神社」なる神社が存在したわけではないらしく、かつて「藤森」と呼ばれていた地に存在した3つの神社が統合されたものらしい。

CIMG2585

さらに興味深いことに、その神功皇后が武器を納めた「藤森」の地は、実は現在の伏見稲荷大社の場所であり、同地に稲荷神を祀ることとなったために当地に遷座したらしい。

稲荷駅[JR西日本](京都市伏見区)~伏見稲荷大社の最寄駅で、当初東海道本線の駅として開業した異色の経歴を持つ、第1回近畿の駅百選認定駅~
全国3万社ある稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社の表参道に直結する最寄駅である、奈良線の相対式2面2線の地上駅で、第1回近畿の駅百選認定駅。18...
伏見稲荷駅[京阪](京都市伏見区)~朱塗りに染まった美しい駅舎と3度に渡る改称という異色の経歴を有する、伏見稲荷大社・裏参道の最寄駅~
伏見稲荷大社の露店が並ぶ裏参道側の最寄駅として、京阪本線開通と同時の1910年(明治43年)に開業した相対式2面2線の地上駅。当初「稲荷新道...

CIMG2588

そして、「藤森神社」が遷座されるまでの当地は、京都地下鉄・近鉄竹田駅近くにある現・城南宮(当時:真幡寸神社)の社地であり、藤森神社遷座に伴い同社も玉突きで遷座することになったという、非常に興味深いトリビアが残されている。

竹田駅[京都地下鉄・近鉄](京都市伏見区)~当駅独自の駅票と地下鉄・近鉄両線のダイナミックな立体交差が魅力的な、方除の神様・城南宮の最寄駅~
「方除の神様」として知られ、開業当時の駅名でもあった城南宮の最寄駅である、京都地下鉄烏丸線と近鉄京都線の2面4線の地上駅。昭和初期に開業し長...

CIMG2590

その興味の尽きない藤森神社を後にして、当社西側を南北に走る本町通に出ると、狭隘な道路の割に半端ない交通量に圧倒されるスリリングな体験が出来る。

CIMG2589

この街道は別名・伏見街道とも呼ばれ、西国大名の参勤交代の道ともなった古くからの交通の要衝であり、往年の年季を随所に感じることも出来る通りでもある。

CIMG2594

その本町通を南に下り、墨染交差点を少し西に進むと、京阪本線の墨染駅に出る。

京阪藤森駅との混同を避けるために、JR藤森駅と名付けられたが、実は近くにあるのは藤森駅ではなく墨染駅だったりする。

墨染駅[京阪](京都市伏見区)~桜の隠れ名所と琵琶湖疎水の情景が堪能でき、隣の藤森駅よりも藤森神社とJR藤森駅に近いというトリビアも楽しめる駅~
京都府内の京阪線で利用客数最多の丹波橋駅の一駅北に位置する、京阪本線の相対式2面2線の地上駅。駅西側では、美しい情景が魅力の国の史跡・琵琶湖...
藤森駅[京阪](京都市伏見区)~「師団前駅」からの改称が複雑な地理関係の発端となった、琵琶湖疎水の情景美しい名神「深草」バスストップ最寄駅~
京都市最大の人口を誇る伏見区の北部、名神高速道路の直下に位置する、京阪本線の相対式2面2線の地上駅。頭上を走る名神高速の影響で景観が激変した...

改札口・コンコース

CIMG2572

当駅属するJR奈良線は100年以上の歴史を持つ路線だが、当駅は1997年(平成9年)に開業した、奈良線で最も新しい駅である。

CIMG2570

駅前広場にあるこの小さな銅像は、当駅西側にある京都教育大学の木代名誉教授制作のものらしい。

当駅は「JR藤森駅」と名づけられたが、開業前は「京都教育大学前」が駅名となる計画もあったようだ。

CIMG2571

当駅の利用客数は、1日約6000人。京都教育大学の学生利用と奈良線の輸送改善等が相まって、この10年間で約20%増加している。

CIMG2561

改札内コンコースから改札口方向を望む。開業から20年経っていない駅なので、真新しさが残っている。

CIMG2559

当駅の駅舎は高台に立地しているが、ホームは高台の下にある掘割式となっているため、、、

CIMG2560

改札内コンコースからは、当初の藤森神社の所在地であった、現・伏見稲荷大社が鎮座する稲荷山の情景が一望できる。

稲荷駅[JR西日本](京都市伏見区)~伏見稲荷大社の最寄駅で、当初東海道本線の駅として開業した異色の経歴を持つ、第1回近畿の駅百選認定駅~
全国3万社ある稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社の表参道に直結する最寄駅である、奈良線の相対式2面2線の地上駅で、第1回近畿の駅百選認定駅。18...

時刻表

奈良線:宇治・奈良方面

CIMG2563

快速通過駅である当駅は、毎時4本の運行体系で、半分が終点奈良まで向かい、残りは途中の城陽止まりとなる。

奈良行きの普通電車は、途中の宇治で後続のみやこ路快速の待ち合わせを行う。

奈良駅[JR西日本](奈良県奈良市)~和洋折衷様式の旧駅舎保存が決め手となり、近畿の駅百選に選定された、近鉄奈良駅に並ぶ古都・奈良の玄関口~
奈良市の目抜き通りである三条通商店街の西端に位置する、大和路線(関西線)・奈良線・万葉まほろば線(桜井線)の3面5線の高架駅。1890年(明...
宇治駅[JR西日本](京都府宇治市)~今や数少ない懐かしの接近ベルと源氏物語ゆかりの絶景が堪能できる、観光地・宇治の代表駅たる快速停車駅~
京都と奈良の中間付近に位置する有名観光地・宇治の代表駅である、奈良線の島式2面4線の地上駅で、快速停車駅。「宇治十帖」で有名な源氏物語ゆかり...

奈良線:京都方面

CIMG2549

京都方面も毎時4本で、全列車京都行きとなっている。

京都駅・在来線[JR西日本](京都市下京区)~古都の景観に新風を吹き込む超近代的巨大建造物が眩しい国際観光都市・京都最大のターミナル駅~
京都市南部の八条通に位置し、大阪駅に次ぐJR西日本第2位の1日約40万人の利用客数を誇る、日本を代表する観光地・京都最大のターミナル。在来線...

乗り場

CIMG2568

ホームは相対式2面2線の構造。

CIMG2557

至近にある京阪藤森駅との混同を避けるため「JR」を冠する駅名にしたものの、実は近くにあるのは藤森駅ではなく墨染駅という、何とも京都らしい「一言さんお断り」的な状況となっている。

墨染駅[京阪](京都市伏見区)~桜の隠れ名所と琵琶湖疎水の情景が堪能でき、隣の藤森駅よりも藤森神社とJR藤森駅に近いというトリビアも楽しめる駅~
京都府内の京阪線で利用客数最多の丹波橋駅の一駅北に位置する、京阪本線の相対式2面2線の地上駅。駅西側では、美しい情景が魅力の国の史跡・琵琶湖...
藤森駅[京阪](京都市伏見区)~「師団前駅」からの改称が複雑な地理関係の発端となった、琵琶湖疎水の情景美しい名神「深草」バスストップ最寄駅~
京都市最大の人口を誇る伏見区の北部、名神高速道路の直下に位置する、京阪本線の相対式2面2線の地上駅。頭上を走る名神高速の影響で景観が激変した...

CIMG2567

ホーム北端から稲荷京都方面を望む。当駅以北は終点の京都まで複線区間となる。

稲荷駅[JR西日本](京都市伏見区)~伏見稲荷大社の最寄駅で、当初東海道本線の駅として開業した異色の経歴を持つ、第1回近畿の駅百選認定駅~
全国3万社ある稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社の表参道に直結する最寄駅である、奈良線の相対式2面2線の地上駅で、第1回近畿の駅百選認定駅。18...
京都駅・在来線[JR西日本](京都市下京区)~古都の景観に新風を吹き込む超近代的巨大建造物が眩しい国際観光都市・京都最大のターミナル駅~
京都市南部の八条通に位置し、大阪駅に次ぐJR西日本第2位の1日約40万人の利用客数を誇る、日本を代表する観光地・京都最大のターミナル。在来線...

CIMG2569

2番のりばを221系みやこ路快速奈良行きが通過していく。

かつては非電化のローカル色満載の奈良線だったが、度重なる輸送改善で都市型近郊路線へと大変貌を遂げている。

奈良駅[JR西日本](奈良県奈良市)~和洋折衷様式の旧駅舎保存が決め手となり、近畿の駅百選に選定された、近鉄奈良駅に並ぶ古都・奈良の玄関口~
奈良市の目抜き通りである三条通商店街の西端に位置する、大和路線(関西線)・奈良線・万葉まほろば線(桜井線)の3面5線の高架駅。1890年(明...

CIMG2562

当駅は普通電車しか止まらないが、新しい駅であることもあってか簡易式だが発車案内掲示板が設置されている。

CIMG2555

今度はホーム南側から撮影。北側は駅舎となっているが、南側は自転車置き場となっているようだ。

CIMG2553

その自転車置き場の真下の2番のりばに、まだまだ現役で活躍中の往年の国電車103系の普通奈良行きがやってきた。

奈良駅[JR西日本](奈良県奈良市)~和洋折衷様式の旧駅舎保存が決め手となり、近畿の駅百選に選定された、近鉄奈良駅に並ぶ古都・奈良の玄関口~
奈良市の目抜き通りである三条通商店街の西端に位置する、大和路線(関西線)・奈良線・万葉まほろば線(桜井線)の3面5線の高架駅。1890年(明...

20160408_130152

その奈良行きが次の桃山駅に向けて出発。当駅が出来るまでの間は、稲荷ー桃山間が奈良線における最長駅間距離の区間であった。

桃山駅[JR西日本](京都市伏見区)~かつて明治天皇・伏見桃山陵の最寄駅として栄華を誇り、栄枯盛衰の哀愁感を漂わせるレトロな駅舎が魅力的な駅~
明治天皇の陵墓・伏見桃山陵の最寄駅である、奈良線の2面3線の地上駅。当地を愛した西本願寺の法主・大谷光尊による強い建設要望があるも、不要不急...
稲荷駅[JR西日本](京都市伏見区)~伏見稲荷大社の最寄駅で、当初東海道本線の駅として開業した異色の経歴を持つ、第1回近畿の駅百選認定駅~
全国3万社ある稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社の表参道に直結する最寄駅である、奈良線の相対式2面2線の地上駅で、第1回近畿の駅百選認定駅。18...

CIMG2556

当駅は、複線区間と単線区間との境界となっている。

当駅以南は宇治駅まで単線区間となり、ローカル線時代の名残を楽しむことが出来、当駅以北の近郊路線的光景との狭間を楽しむことが出来る。

宇治駅[JR西日本](京都府宇治市)~今や数少ない懐かしの接近ベルと源氏物語ゆかりの絶景が堪能できる、観光地・宇治の代表駅たる快速停車駅~
京都と奈良の中間付近に位置する有名観光地・宇治の代表駅である、奈良線の島式2面4線の地上駅で、快速停車駅。「宇治十帖」で有名な源氏物語ゆかり...

20160408_130927

その単線区間から複線区間に入る221系みやこ路快速京都行きが、1番乗り場を通過していく。

京都駅・在来線[JR西日本](京都市下京区)~古都の景観に新風を吹き込む超近代的巨大建造物が眩しい国際観光都市・京都最大のターミナル駅~
京都市南部の八条通に位置し、大阪駅に次ぐJR西日本第2位の1日約40万人の利用客数を誇る、日本を代表する観光地・京都最大のターミナル。在来線...

20160408_130935

電化され車両も近代化し、複線化区間も増えたJR奈良線。

2011年(平成23年)には各駅に接近メロディーも導入され、まさに都市型近郊路線へと大変貌を遂げた。

えきログちゃんねる

[JR奈良線・JR藤森駅]221系みやこ路快速京都行き通過風景(奈良線接近メロディ付き)201604

[JR奈良線・JR藤森駅]ここから単線区間に入る103系普通奈良行き発車風景201604

乗換駅

墨染駅[京阪](京都市伏見区)~桜の隠れ名所と琵琶湖疎水の情景が堪能でき、隣の藤森駅よりも藤森神社とJR藤森駅に近いというトリビアも楽しめる駅~
京都府内の京阪線で利用客数最多の丹波橋駅の一駅北に位置する、京阪本線の相対式2面2線の地上駅。駅西側では、美しい情景が魅力の国の史跡・琵琶湖...

あなたの街のランドマーク!ご当地別駅一覧
あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧
アクセスランキング
音声・動画はYouTube「えきログちゃんねる」でチェック!!
日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

スポンサーリンク

この記事をシェアする