川西池田駅[JR西日本](兵庫県川西市)~川西にありながら「池田」を冠する駅名に波乱の歴史を感じさせる、輸送改善で大変貌を遂げた快速停車駅~

兵庫県南東部のベッドタウン・川西市の代表駅である阪急・能勢電川西能勢口駅から南に徒歩圏内に位置する、JR宝塚線(福知山線)の2面4線の地上駅。

ホームが県境を跨いでいないにも拘わらず隣街の「池田」を名乗り、川西の中心へ移転後も長らく駅名改称の陳情が通らず、開業から半世紀以上経った後にようやく「川西」を冠することが認められたという、波乱の歴史を有する駅である。

長らく単線・非電化であったため、競合の川西能勢口駅の足元にも及ばない利用状況が続いたが、1980年代からの度重なる輸送改善が奏功し、しがないローカル線の駅から、1日約4万人が利用する都市型近郊路線の快速停車駅へと大変貌を遂げている。

スポンサーリンク

Android
iOS
日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」

外観・駅周辺

CIMG0159

兵庫県川西市の代表駅である阪急・能勢電川西能勢口駅から南に徒歩圏内にあるJR川西池田駅。その北口を望む。

川西市の中心市街地付近にあり、ホームが県境を跨いでもいないにも関わらず、なぜか隣の大阪府池田市の名が冠された不思議な駅名を有している。

CIMG0171

しかも、1893年(明治26年)の開業から60年弱は、何と川西にあるにも関わらず川西が冠されない、ただの「池田駅」を名乗っていたというから驚きだ。

CIMG0170

上の写真の場所から駅ホーム方向を望む。

当駅が「池田駅」を名乗っていた理由は、実は開業から4年間当駅の場所がここには存在しなかったことによる。

CIMG0165

今度は2階ペデストリアンデッキから南東の北伊丹・尼崎方面を望む。

実は、開業当初の「池田駅」の場所は、ここから東に約1キロ離れた大阪府池田市との境となっている猪名川にかかる呉服橋の西詰に存在していた。

CIMG0166

駅北口からは、約600m離れた阪急・能勢電川西能勢口駅まで、屋根付きペデストリアンデッキで連絡している。

そして、開業当時川西の地は、その猪名川の対岸にある池田の商圏となっていたことから、川西にあるにも関わらず駅名が「池田」とされたらしい。

CIMG0167

かつて貨物取扱施設と機関区のあった駅北口に拡がるバスターミナル。

当初摂津鉄道の終着駅として猪名川西岸に開業した池田駅だが、その4年後に買収された阪鶴鉄道による宝塚方面への路線延伸に伴い、現在地付近に駅が移転された。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

CIMG0163

しかし、駅が当初から西に1キロも移転したにも関わらず駅名が「池田」のまま残り続けるという事態が何と半世紀以上も続き、川西側の度重なる改称の請願も長らく受理されなかった。

その請願は戦後になってようやく受理されたが、大阪府池田市側が逆に改称反対の陳情を行ったため、間をとって「川西池田」となった。これが駅名の不可思議さの内情である。

CIMG0157

駅南側を走る幹線道路・国道176号線付近からアステ川西方向を望むと、駅周辺は立派な阪急村が形成されていることがわかる。

長らく、隣の大阪府池田市の方が商業地として栄えていたが、同市が地元の反対で再開発を拒否したことで、逆転現象が生じている模様だ。

CIMG0154

そのアステ川西の核テナントとして1989年(平成元年)に開業した川西阪急。

計画では隣の大阪府池田市にある阪急電車池田車庫跡に出店する予定が、地元商店街の反対により当地に変更されたという異色の経緯を持つが、開業6年で売上倍増という大成功をおさめた。

CIMG0152

そのアステ川西の先に君臨する立派な高架駅舎が、川西市の代表駅である阪急・能勢電の川西能勢口駅

当駅も長らく「川西」を冠することが叶わなかったが、再開発によって今や阪急の中核駅にふさわしい壮大なスケールの駅に大変貌を遂げた。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

駅北側から伸びる能勢電妙見線・川西能勢口駅への廃線跡

CIMG0216

そして、川西の地にあるもう一つのトリビアが、何と徒歩連絡で可能な当駅と川西能勢口駅間を電車が走っていたという事実だ。

川西池田駅北側を走る国道176号線上にある、JR川西池田駅前交差点付近にその駅は存在した。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

CIMG0215

当初「池田駅前駅」とした開業し、その後「川西国鉄前」と改称された駅は、何と能勢電妙見線の駅であった。

CIMG0127

そこから北に伸びる単線は、阪急宝塚線の高架下をくぐっていた。この道路はその廃線跡であり、1917年(大正6年)から1981年(昭和56年)までの60年あまりに渡って、1両編成の電車が走り続けた。

実はこれは沿線で製造されていた三ツ矢サイダー等の貨物輸送目的で開業した路線であった。

CIMG0131

そして、その能勢電の線路は川西能勢口駅の北口まで伸びており、かつては阪急の駅とは別駅であった能勢電の地上駅に繋がっていた。

一時貨物輸送が全収入の5分の1にも達し、経営難で苦しんでいた能勢電を支える役割を果たしていたが、皮肉にもJR宝塚線(福知山線)が電化され劇的な輸送改善が始まった1981年(昭和56年)にその幕を閉じた。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

改札口・コンコース

CIMG0172

改札口は橋上部分に1か所ある。

CIMG0174

当駅を開業させた摂津鉄道を買収した阪鶴鉄道は、1907年(明治40年)に国有化され、当駅は国鉄の駅となった。

1912年(明治45年)に福知山線と称されるようになったが、長らく単線・非電化の時代が続き、利用客数では川西能勢口駅の独り勝ちの状況が続いた。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

CIMG0175

上の写真の場所から東の北伊丹・尼崎・大阪方面を望む。

その後、1981年(昭和56年)に当駅含む塚口宝塚間の電化を皮切りに、その5年後の1986年(昭和61年)には複線化を行い、大幅な輸送改善を図った。

大阪駅[JR西日本](大阪市北区)~大阪ステーションシティ再開発による大変貌で阪急村に襲い掛かる、梅田の地に最初に出来た西日本最大の駅~
言わずと知れた大阪府の代表駅であり、西日本最大の1日約80万人の利用客を誇る6面11線の高架駅で、第一回近畿の駅百選認定駅。1874年(明治...
宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...
塚口駅[JR西日本](兵庫県尼崎市)~関西最大級の再開発で大変貌の兆しを見せる、かつて存在した尼崎港線との接続駅でもあった福知山線最古の駅~
JR西日本有数のジャンクションである尼崎駅の一駅北に位置する、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の地上駅で、伊丹駅と並ぶ現存する福知山線最古の...

CIMG0176

その結果、単線・非電化のローカル色満載の路線であった福知山線は、大阪近郊の通勤路線であるJR宝塚線へと大変貌を遂げた。

CIMG0178

それに伴い、当駅の利用客数も急増し、今では1日約4万人が利用する川西能勢口駅に次ぐ、川西の第二の主要駅としての地位を固めている。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

CIMG0198

今度は、改札内コンコースから駅西方向の中山寺・宝塚・三田方面を望む。

山の斜面に拡がる屈指の高級住宅街である川西市花屋敷と宝塚市雲雀丘の美しい情景が堪能できる。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

時刻表

JR宝塚線:宝塚・三田方面

CIMG0180

1989年(平成元年)より運行開始した快速停車駅となっている当駅では、快速と普通が緩急接続を行う駅となっている。

通勤電車は、2つ先の宝塚止まりの快速と、篠山口行きの丹波路快速が毎時2本ずつ、新三田行きの普通が毎時4本の計毎時8本の運行体系となっている。

普通は当駅で快速の待ち合わせを行うが、興味深いことに、当駅以遠各駅に停車する宝塚行きの快速も当駅で待ち合わせを行う。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

JR宝塚線:大阪・尼崎・北新地方面

CIMG0199

反対側の大阪方面行きの日中は、大阪行きの快速電車と、尼崎からJR京都線に入って高槻に向かう普通電車が毎時4本ずつ運行されている。

朝ラッシュ時は尼崎からJR東西線に入る運行が多数加わる。大阪梅田への速達性では、並走する阪急宝塚線急行が22分に対し、JR快速が17分と輸送改善の効果が発揮されている。

大阪駅[JR西日本](大阪市北区)~大阪ステーションシティ再開発による大変貌で阪急村に襲い掛かる、梅田の地に最初に出来た西日本最大の駅~
言わずと知れた大阪府の代表駅であり、西日本最大の1日約80万人の利用客を誇る6面11線の高架駅で、第一回近畿の駅百選認定駅。1874年(明治...
高槻駅[JR西日本](大阪府高槻市)~日本第二の「天神さん」お膝元に位置し、日本初の実用化・ロープ昇降式ホーム柵が魅力の新快速停車駅~
大阪・京都間のほぼ中間に位置する大阪府高槻市の中心駅である、JR京都線(東海道本線)の島式4面6線の地上駅。他線との接続の無いJR西日本の駅...
大阪駅[JR西日本](大阪市北区)~大阪ステーションシティ再開発による大変貌で阪急村に襲い掛かる、梅田の地に最初に出来た西日本最大の駅~
言わずと知れた大阪府の代表駅であり、西日本最大の1日約80万人の利用客を誇る6面11線の高架駅で、第一回近畿の駅百選認定駅。1874年(明治...
梅田駅[阪急](大阪市北区)~鉄道文化の最高峰たる存在感を示す、日本最大10面9線の大頭端ターミナル~
もはや何の説明も必要ない、関西が世界に誇る鉄道文化の最高峰で、栄えある第一回近畿の駅百選認定駅。全国広しと言えども、ここでしか見ることが出来...

乗り場

CIMG0211

ホームは島式2面4線。かつては2線構造の駅だったらしいが、電化・複線化にあたり待避可能な4線構造に改造された。

CIMG0183

JR宝塚線仕様の駅票。「これからの新しい開発エリアを示すイキイキとしたイメージ」が黄色のラインカラーに込められているとのこと。

1988年(昭和63年)より使用されたこの愛称は、度重なる輸送改善と共に、長らく後塵を拝していた阪急宝塚線への宣戦布告を意味していた。

【1・2番のりば】JR宝塚線:宝塚・三田方面

CIMG0185

ホーム西端から中山寺・宝塚方面を望む。ここから線路は大きくカーブしていく。嵩上げされていないホーム西端部分は進入禁止となっている。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

CIMG0188

かつて貨物駅や機関区も併設していた広い構内の名残を示すかのような側線も残っている。

CIMG0192

待避線の1番のりばに、321系の普通宝塚方面新三田行きが到着した。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

CIMG0195

そして、その普通が待ち合わせを受ける、225系の丹波路快速篠山口行きが2番のりばにやってきた。

CIMG0193

その両社の並び。当駅はJR宝塚線の快速停車駅で唯一緩急接続が可能な駅となっており、昼間はすべて当駅で普通と快速の待ち合わせが行われる。

CIMG0196

その丹波路快速が次の停車駅の中山寺駅に向けて発車。丹波路快速は2000年(平成12年)に登場した種別で、日中は30分間隔で運行されている。

CIMG0213

再開発によって大変貌を遂げた川西能勢口駅と異なり、当駅南側はのどかな光景が拡がっている。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

CIMG0217

今度の本線の2番のりばには、223系快速宝塚行きが短い4両編成でやってきた。当駅以遠は終点宝塚まで各駅に停車するが、律儀に待避線の普通が待ち合わせを受けてくれる。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

【3・4番のりば】JR宝塚線:尼崎・大阪・北新地方面

CIMG0200

今度は、3・4番のりばホーム東端から北伊丹・尼崎方面を望む。こちら方向も線路が大きくカーブしていく。

CIMG0212

4番のりばホームからは、川西能勢口駅に繋がるペデストリアンデッキの姿が見える。

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

CIMG0207

大阪方面行きも、日中は当駅で緩急接続が行われ、まず待避線の4番のりばに、207系普通高槻行きが入線した。

JR京都線の高槻ー新三田間の普通の運行は、輸送改善の一環で1997年(平成9年)より運行が開始された系統だ。

高槻駅[JR西日本](大阪府高槻市)~日本第二の「天神さん」お膝元に位置し、日本初の実用化・ロープ昇降式ホーム柵が魅力の新快速停車駅~
大阪・京都間のほぼ中間に位置する大阪府高槻市の中心駅である、JR京都線(東海道本線)の島式4面6線の地上駅。他線との接続の無いJR西日本の駅...

CIMG0208

それまでの普通はすべて大阪駅発着であったが、同系統の開設で、大阪以東の茨木高槻方面へも乗り換えなしでの行き来が可能となった。

大阪駅[JR西日本](大阪市北区)~大阪ステーションシティ再開発による大変貌で阪急村に襲い掛かる、梅田の地に最初に出来た西日本最大の駅~
言わずと知れた大阪府の代表駅であり、西日本最大の1日約80万人の利用客を誇る6面11線の高架駅で、第一回近畿の駅百選認定駅。1874年(明治...
茨木駅[JR西日本](大阪府茨木市)~大阪万博の最寄駅として発展し、大変貌を遂げる兆しを見せる将来の新快速停車候補駅~
大阪府茨木市の中心駅であるJR京都線(東海道線)の2面4線の快速停車駅で、新快速停車駅の尼崎・芦屋を上回る、1日約9万人の乗降客数を誇る。1...
高槻駅[JR西日本](大阪府高槻市)~日本第二の「天神さん」お膝元に位置し、日本初の実用化・ロープ昇降式ホーム柵が魅力の新快速停車駅~
大阪・京都間のほぼ中間に位置する大阪府高槻市の中心駅である、JR京都線(東海道本線)の島式4面6線の地上駅。他線との接続の無いJR西日本の駅...

CIMG0219

その普通の待ち合わせを受ける本線3番のりばには、同じく223系の丹波路快速・大阪行きが長い8両編成でやってきた。

当駅から大阪まで17分。対する阪急は川西能勢口から梅田まで急行で22分。度重なる輸送改善の効果が見事に表れている。

大阪駅[JR西日本](大阪市北区)~大阪ステーションシティ再開発による大変貌で阪急村に襲い掛かる、梅田の地に最初に出来た西日本最大の駅~
言わずと知れた大阪府の代表駅であり、西日本最大の1日約80万人の利用客を誇る6面11線の高架駅で、第一回近畿の駅百選認定駅。1874年(明治...
川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...
梅田駅[阪急](大阪市北区)~鉄道文化の最高峰たる存在感を示す、日本最大10面9線の大頭端ターミナル~
もはや何の説明も必要ない、関西が世界に誇る鉄道文化の最高峰で、栄えある第一回近畿の駅百選認定駅。全国広しと言えども、ここでしか見ることが出来...

CIMG0204

今度の3番のりばの快速は宝塚始発の大阪行き。225系の短い4両編成だ。

宝塚駅[JR西日本](兵庫県宝塚市)~輸送改善と駅舎改良で歌劇擁する阪急王国・宝塚の代表駅へと大変貌を遂げた、JR宝塚線の中核たる特急停車駅~
今に通ずる阪急のルーツが凝縮された歌劇の街・宝塚において、王国の主・阪急宝塚駅より10年以上早く開業した、JR宝塚線(福知山線)の2面3線の...

CIMG0206

その快速が次の停車駅の伊丹駅に向けて出発。かつての非電化ローカル線が、都市型近郊路線へと変貌と遂げた姿である。

えきログちゃんねる

[JR宝塚線川西池田駅]丹波路快速篠山口行き接近放送201603

[JR宝塚線川西池田駅]4両編成快速大阪行き接近放送201603

[JR宝塚線川西池田駅]丹波路快速大阪行き接近放送201603

[JR宝塚線川西池田駅]321系普通新三田行き発車風景201603

乗換駅

川西能勢口駅[阪急・能勢電](兵庫県川西市)~悲運の歴史から大変貌を遂げ、廃線跡の哀愁感とパタパタ式発車標のレトロ感も魅力的な川西の代表駅~
兵庫県南東部のベッドタウンである川西市の代表駅で、阪急宝塚線・能勢電妙見線の共同使用駅である3面5線の高架駅。国鉄池田駅(現・JR川西池田駅...

あなたの街のランドマーク!ご当地別駅一覧
あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧
アクセスランキング
音声・動画はYouTube「えきログちゃんねる」でチェック!!
日本初!「みんプロ式・からだでおぼえるプログラミング講座・Android編」
Android
iOS

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です