天神ノ森駅[阪堺](大阪市西成区)~レトロな阪堺線沿線とは趣きを異にした神々しさが魅力的な、天満宮真横に位置する大阪・西成のパワースポット~

あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧

CIMG7734.jpg

南海岸里玉出駅から西に徒歩数分の位置にある、阪堺線の千鳥式2面2線の地上駅。

駅真横にある「天神ノ森天満宮」の境内から伸びる樹齢600年超の大クスノキが印象的で、レトロな阪堺線沿線とは趣きを異にした神々しい雰囲気が味わえる。

また、当宮は千利休が涌水に惚れ込んで茶室を建てたり、秀吉が淀君解任の際に安産祈願に訪れたりと、近くにある住吉大社の存在に埋もれて目立たない存在ながら、実は物凄いパワースポットであり、秀吉が茶の湯を堪能した「天下茶屋」も、実は当駅が最寄り駅となっている。

スポンサーリンク

外観・駅周辺

CIMG7733

大阪一スリリングな塚西東玉出電停から北上し、専用軌道に入ってすぐのところにある阪堺線・天神ノ森駅。

塚西電停[阪堺](大阪市西成区・住吉区)~安全地帯すら無い、大阪で一番スリリングな乗り場に漂うアナーキズムの香りが何とも言えない魅力を有する電停~
大阪市南部の紀州街道と南港通が交差する塚西交差点に位置する、阪堺線の千鳥式2面2線の電停。南港通を挟んで上下線で電停が分かれており、北の西成...
東玉出電停[阪堺](大阪市西成区)~安全地帯の無い乗り場がスリリングな魅力を放ち、大阪下町のディープさが体感できる南海岸里玉出駅至近の電停~
大阪一スリリングな駅・塚西電停の一つ北に位置する、阪堺線の千鳥式2面2線の併用軌道上の電停。当電停も線路が道路の端に寄っていることから、恵美...

CIMG7734

駅周辺は、レトロでディープな阪堺線沿線内では珍しい閑静な場所となっている。

CIMG7743

それもそのはず、実はこの「天神の森」は天神ノ森天満宮と呼ばれる神社の境内から伸びているのだ。

CIMG7744

鳥居の路地の先にある天神ノ森駅は、まさに神社に隣接した神がかり的な駅なのだ。

CIMG7731

その境内に入る。天満宮と呼ばれるからには菅原道真と関係があり、この地は氏が住吉大社への参拝途中に休憩した場所とされている。

CIMG7729

その後、応永年間(1394年ー1428年)に、「天神さん」の総本社である北野天満宮の分霊を奉斎したとされ、この本殿は1702年(元禄15年)に建設されたものらしい。

CIMG7728

本殿向かって右手にある出産安易の霊験があるとされる「子安石」。豊臣秀吉が淀君解任の際に安全祈願に訪れたと言われており、当社は別名・子安天満宮とも呼ばれている。

CIMG7730

また、千利休の師である茶道中興の祖・武野紹鴎は、ここから出る涌水に惚れ込み、この天神の森の一隅に茶室を設けたことから、「紹鴎森」とも呼ばれている。

当宮は、近くにある大住吉大社の前に目立たない存在であるが、実はかなりのパワースポットなのだ。

CIMG7747

そして、その天神ノ森天満宮から西に進むと、住宅街の中にひと際際立つ大きなクスノキがあるが、、、

CIMG7748

実は、ここが秀吉が堺との往来の途中に立ち寄って茶の湯を楽しんだことで有名な「天下茶屋」跡地。

今では面影がなくなってしまったが、当時は秀吉がこの付近の風景を称賛するほどの美しい景観だったようだ。

CIMG7725

その天下茶屋跡地からさらに西に進むと見えてくるのが、南海岸里玉出駅の岸里口。

「天下茶屋」は実は天下茶屋駅ではなく、天神ノ森駅か岸里玉出駅が最寄りというトリビアの発見である。

天下茶屋駅[南海](大阪市西成区)~地下鉄との接続駅化により、下町のマイナー駅から全列車停車の中核駅へと大変貌を遂げた南海最古の駅の一つ~
1885年(明治18年)に南海電車(初代阪堺鉄道)開通と同時に開業した、南海最古の駅の一つで、3面4線の高架駅。長らく各駅停車のみが止まる下...
岸里玉出駅[南海](大阪市西成区)~優等無停車の駅ながら、3線が集結した独特の駅構造とちょっとした秘境感が魅力的な「天下茶屋」の最寄駅~
地下鉄堺筋線との乗換駅となって大変貌を遂げた天下茶屋駅の一駅南に位置する、南海本線・高野線・汐見橋線の接続駅。かつて分離して存在していた岸ノ...

時刻表

阪堺線:我孫子道方面

CIMG7739

阪堺線は長らく阪堺電車の基幹路線であったが、あべのハルカス開業に伴いダイヤ改正で、日中は1時間当たり3本へと大減便された。

また、運行経路もかつては恵美須町浜寺駅前間がメイン路線だったが、同ダイヤ改正により天王寺駅前ー浜寺駅前間がメイン路線となり、恵美須町始発の電車は全列車我孫子道行きに変更された。

恵美須町駅[阪堺](大阪市浪速区)~下町の歓楽街新世界のお膝元で100年以上の歴史を有し、超レトロな雰囲気を残す阪堺線の終着駅~
1911年(明治44年)開業の阪堺電車阪堺線の頭端式3面2線の終着駅。開業当時、大阪財界が恵美須町が一大ターミナルになることを見越して内国勧...
浜寺駅前駅[阪堺](堺市西区)~日本最古の公立公園の真ん前に位置し、地方のローカル線的なレトロな雰囲気満載の阪堺線の終着駅~
日本最古の公立公園・浜寺公園の真ん前にある阪堺線の単式1面1線の終着駅。国の登録有形文化財に登録されている南海浜寺公園駅とは文字通り至近の距...
天王寺駅前駅[阪堺](大阪市阿倍野区)~周囲の再開発から取り残された超レトロな雰囲気を醸し出す阪堺電車最多の利用客数を誇る駅~
大阪に唯一残る路面電車である阪堺電車上町線の起点で頭端式2面1線の地上駅。付近を南北に走る大動脈あべの筋のど真ん中に位置するが、周囲の大再開...

乗り場

CIMG7746

ホームは専用軌道上に千鳥式配置の2面2線構造となっている。

CIMG7735

南海の100%子会社である阪堺電車の駅票は、親会社・南海の仕様となっている。

今は別会社となっているが、1915年(大正4年)から1980年(昭和55年)までの実に65年間は、南海の路線であった。

CIMG7736

存続の危機を支える堺市の依頼を受け、羽衣国際大学の放送・メディア映像学科の学生の手によって制作された、堺市のPRドラマ「阪堺電車」。

阪堺電車を通して街の魅力発見につなげようとする面白い試みである。

CIMG7732

西成のパワースポット・天神ノ森天満宮の横を、モ601形恵美須町行きが駆け抜けていく。

恵美須町駅[阪堺](大阪市浪速区)~下町の歓楽街新世界のお膝元で100年以上の歴史を有し、超レトロな雰囲気を残す阪堺線の終着駅~
1911年(明治44年)開業の阪堺電車阪堺線の頭端式3面2線の終着駅。開業当時、大阪財界が恵美須町が一大ターミナルになることを見越して内国勧...

CIMG7740

ホーム端から新今宮駅前・恵美須町方面を望む。

この周囲は神々しい雰囲気に覆われているが、一歩先に進むとまた大阪下町のディープさが戻ってくる。

新今宮駅前駅[阪堺](大阪市西成区)~「南霞町駅」としてJR・南海新今宮駅より半世紀以上早く開業し、暴動で焼失した波乱の歴史を有する駅~
JR新今宮駅・地下鉄動物園前駅に隣接する阪堺線の相対式2面2線の地上駅。JR・南海新今宮駅より半世紀以上も早い1911年(明治44年)に、当...

CIMG7741

これが、我孫子道方面行きホームから見える、樹齢600年を超えるクスノキだ。

20160121_121139

そして、このホームにモ701形の我孫子道行きがやってきた。

20160121_121215

千鳥式となっている恵美須町方面行きホーム横を駆け抜けていく。

恵美須町駅[阪堺](大阪市浪速区)~下町の歓楽街新世界のお膝元で100年以上の歴史を有し、超レトロな雰囲気を残す阪堺線の終着駅~
1911年(明治44年)開業の阪堺電車阪堺線の頭端式3面2線の終着駅。開業当時、大阪財界が恵美須町が一大ターミナルになることを見越して内国勧...

CIMG7745

奥に見える高架は南海岸里玉出駅の高野線ホームとなっており、

岸里玉出駅[南海](大阪市西成区)~優等無停車の駅ながら、3線が集結した独特の駅構造とちょっとした秘境感が魅力的な「天下茶屋」の最寄駅~
地下鉄堺筋線との乗換駅となって大変貌を遂げた天下茶屋駅の一駅南に位置する、南海本線・高野線・汐見橋線の接続駅。かつて分離して存在していた岸ノ...

CIMG7714

その高架の手前の併用軌道への入り口付近には、1971年(昭和46年)に廃止された宮ノ下電停跡が現在でも残っている。

えきログちゃんねる

[レトロな阪堺線内にあるパワースポット・天神ノ森駅]阪堺線モ701形我孫子道行き入線発車風景201601

乗換駅

岸里玉出駅[南海](大阪市西成区)~優等無停車の駅ながら、3線が集結した独特の駅構造とちょっとした秘境感が魅力的な「天下茶屋」の最寄駅~
地下鉄堺筋線との乗換駅となって大変貌を遂げた天下茶屋駅の一駅南に位置する、南海本線・高野線・汐見橋線の接続駅。かつて分離して存在していた岸ノ...

あなたの街のランドマーク!ご当地別駅一覧
あなたの街を走る鉄道!路線別駅一覧
アクセスランキング
音声・動画はYouTube「えきログちゃんねる」でチェック!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする